• ホーム
  • クラミジアになってしまう原因と発症した後にどんな病院に行けばいいのか

クラミジアになってしまう原因と発症した後にどんな病院に行けばいいのか

2020年06月07日

クラミジアは、クラミジア・トラコマチスという細菌に感染することで発症する性感染症です。クラミジアは日本で最も多いとされており、決して珍しい性感染症ではありません。そのため、感染の原因を知って予防対策に生かすことが重要です。

クラミジアは基本的に性行為によって粘膜同士が接触したり、精液や膣分泌液が体内へと入り込むことで感染します。コンドームを装着せずにクラミジア患者と性行為を行った場合の感染確率は約50%と非常に高いため、性行為を行う際はコンドームの装着が必要不可欠です。ただし、射精の有無にかかわらず、性器同士が接触した時点で感染する可能性があるため、コンドームは性行為の初めから終わりまで正しく装着する必要があります。

また、クラミジア・トラコマチスは性器だけでなく、咽頭や直腸にも感染する細菌です。そのため、オーラルセックスやアナルセックスによっても感染する恐れがありますし、咽頭に感染している場合は、ディープキスが感染の原因となることもあります。さらに、精液などの分泌物が直接眼に入ったり、感染部位を触った手で眼をこすったりすると、結膜炎を引き起こすことがあるため注意が必要です。加えて、基本的に性感染症は、性行為のパートナーが多いほど感染確率が高まるため、性行為のパートナーは限定することも予防対策の基本です。

なお、クラミジア・トラコマチスは生命力が弱い細菌であり、人間の体から出てしまうと長期間生き続けられないという特性があります。そのため、他の性感染症で問題となることがあるお風呂や温泉、プールなどが原因で感染する可能性はほぼありません。さらに、トイレやバスタオルなどの共用による感染リスクも低いため、過度な心配は不要です。

クラミジアは、自覚症状が現れにくいものの、放置してしまうと男女ともに不妊症の原因となることがあります。そのため、男性であれば尿道のかゆみや痛み、女性であればおりものの異常など感染が疑われる症状が現れたら早期段階で病院を受診することが重要です。クラミジアの検査や治療は、男性であれば泌尿器科、女性であれば婦人科や産婦人科で受けることができます。近隣に性病科がある病院がある場合は、その病院を受診するのも良いでしょう。仮に自覚症状が無い場合であっても、コンドームを使用しない性行為を行った場合や、不特定多数のパートナーと性行為を行っている場合は念のため検査を受けることが大切です。